*

自分軸と他人軸

   

性愛セラピスト講座第2講「自分軸と他人軸」

ひまりの寝顔に「行ってくるね!」と言って出かけた、日曜日の朝。
一人電車に揺られて行く都会は、ワクワクするなぁ。

普段旦那とメールのやり取りをすることはない(用事があるときは電話)のですが、スマホに変えたばかりでラインの登録をして使い方を教えたところだったので、練習でメッセージを送ってみました。

私「ひまちゃん、大丈夫?」
旦那「ひまは大丈夫だよ」
ひまちゃんの可愛い寝顔を送ってくれました。

子どもを預けたり、何か頼み事をする時は「えー!?無理無理!自分でなんとか出来ないの?」と一度は断る旦那。
でも何とか頼み込んで「仕方ないなぁ」と引き受けたからには、文句や泣き言は言わずに淡々とこなす。
こういう所、すごく素敵だなと思うのです。

去年、上の子達がスキーに行きたい!と言った時も、1歳のひまちゃんとお留守番か子ども達とスキーに行くかのどちらかを選んでもらったら、まさかの1歳児とお留守番コースを選んだ旦那。
私と子ども達はひまちゃんが寝ている早朝に出かけて、丸一日スキーを満喫。
夜9時過ぎに帰宅したら、ひまちゃんはすやすや夢の中。

産後は動けないからと妊娠中に何度も話をして、家事を任せたからには一切文句なし、私も動けないと言ったからには手出しをしない、、を徹底して、産後3週間は家事もバリバリこなす主夫。

私より主夫向いてるかも、向いてるよね!

「自分軸と他人軸」

私は自分軸を大切にしているけど、旦那って他人軸よねー、どうにかならないのかしら?と思っていました。
でも、今回改めて「自分軸と他人軸」習って、旦那は「他人軸を自分軸で選択している」ことが多い人なんだ、と腑に落ちました。
自分で選択したことには、文句や泣き言を言わず責任持ってやり遂げる。

「他人軸を他人軸で選択している」
あの人に頼まれてやったら、こんな目に遭った・・引き受けなければよかった。
あの人に勧められてやったのに、ちっともいい結果が出ない!なんで?信用できない。やらなければよかった。
いやいや、「他人軸を自分軸で選択してる」なら、こんなことにはなりません。

改めて、「素敵な旦那様!」と思いました。

 - PCM