*

心に響く性の授業

   

「ひとりじゃない 自分の心とからだを大切にするって?」
遠見才希子

 

性共育講座の中で紹介される本の1冊。

 

医大生の「えんみちゃん」が、全国300校以上の中学・高校で心に響く性の授業をしていた様子が書かれている。

 

 

 

「寂しい」からセックスする・・
ほしいのは、ただの性の知識じゃない

 

 

あぁ、そうか。
さみしかったんだな。

 

 

本に出てくる女の子の気持ちが痛いほどわかって、ボロ泣きしながら読んだ。

 

 

行き場のないさみしさを埋めようと必死だった。

その一瞬だけでも、ぬくもりを感じたかった。

セックスしている最中は、愛されてるような気がしてたから。

 

 

「昨日は5万稼いできたー」 友達に自慢してたっけ。

 

 

お金も心の隙間を埋めてくれることは、なかった。

 

 

 

そして、ことが終わった後、1人になった時、とてつもないむなしさが襲ってくる。

 

 

 

騙されてお金ももらえず、ビデオを撮られたこと。
電車の中でただただ涙が止まらなくて・・
自分がわからなくなった。
本当に本当にもうコリゴリだっだ。

 

 

 

高校卒業前にこんなこと・・もうやめようと決心した。
本当にこわかったけど、友達にすすめられて、HIVの検査を受けた。
今のように結果がすぐ出なくてね。
結果が出るまでの間は生きた心地がしなかったよ。
私なんかエイズで死ねばいいと思っていたのに、それが現実として目の前に突きつけられるかもしれない。

 

当時はとにかく「エイズ=死」のイメージが強かったから。

 

 

 

援助交際をする女の子って、どんなイメージ?

望まない妊娠をして中絶する女の子って、どんなイメージ?

 

この本に出てくる女の子は、どこにでもいる普通の女の子のような気がした。

 

私もその1人だったから。

 

 

☆☆☆☆☆

 

 

満員御礼→増席!!!

親子の絆が深まる「性共育」

6/1は埼玉で開催!!助産師ちゃーりーさんの親から子へ伝える性共育講座

ちゃーりーさんご本人による親子性教育講座は、これがラスト!!

お見逃しなく!
詳細はこちら

 - アマナ性共育,