*

お母さんの抱っこからはじまる、性欲

   

人は人のぬくもりを感じずに、生きていくことは出来ない。

 

 

「お母さん、抱っこして!」

これが、性欲のはじまり。

 

 

そして、子どもから大人へ成長するにつれ身体が変化していくのと同じように、性欲も成長と共に変化していくもの。

 

身体の変化に戸惑った時、疑問を持った時、身近に話せる大人がいて受け止めてもらえることは、とーーっても心強いことです。

 

ただ知識を与えればいいというものではなく、そこからはじまるコミュニケーションがあるんですね。

 

 

 

私が小3の時、休み時間のたびにトイレに行く友達との会話で

「どうしたの?お腹痛いの?」
「生理なの。」
「なに?セイリって??」
「おまたから血が出るの・・」
「え???大丈夫?病気なの?」
「病気じゃないから、大丈夫!」

いや・・病気じゃなくて出血?なんで?
ホントは病気なのに隠してる?
・・とすごく心配したことがありました。

 

 

 

子どもからの素朴な質問。

「ねぇねぇ、おかあさーん!赤ちゃんってどこから生まれてくるの?」

「お母さんの卵とお父さんの卵は、どうやってくっつくのーー?」

 

 

うちの子はまだまだ・・なんて思っていても、学校とかいろんな場所で小耳にした知らない言葉。

「ヒニンってなあに?」
「セイシってなあに?」

えっ?どこで聞いてきたの?ってドキッとすること、あります。

 

 

 

子どもからドキッとする質問が来た!

ちゃんと答えなきゃ!
でもどうやって?
どこまで話せばいいの?

 

とりあえずその場しのぎで

「もっと大きくなったらわかるよ」
「コウノトリさんが・・」
ごにょごにょごにょ・・

 

あ、困ってる・・
聞いちゃいけないことなのかな?

 

 

はっきりと「どんなこと聞くんじゃない!!」って拒絶しなくても
子どもって、その空気を敏感に感じ取っているものです。

 

 

でも、親である私たちが本当の性教育というものを受けてこなかったから、答え方がわからない・・というのも当然といえば当然のこと。

 

 

だから今こそ、共に考えて育ちあう「性共育」なのです。

 

 

 

目から鱗がぼろぼろ落ちて、子どもへの性教育が楽しみになるおはなしがたくさん聞けます!!!

 

 

 

5/19、20は栃木で!
主催の方のブログはコチラ↓
とっても参考になります。

自分の性をもっと好きになろう!

 

 

6/1は埼玉で開催しますよ!!

助産師ちゃーりーさんの親から子へ伝える性共育講座

ちゃーりーさんご本人による親子性教育講座は、これがラスト!!

お見逃しなく!

 

 

 

☆プレイベントはこちら↓☆

日高市 まるさんかくコーヒーにて

5/11(木)

☆1部 10時~11時半

「子どもへ伝える性共育お茶会」

ドリンクスイーツ込み 1200えん

☆2部 12時半〜14時

「子どもへ伝える性共育ランチ会」

ランチ込み 1200えん

 

1部と2部の合間の時間には、こちらのワークをやります↓

☆11時半〜12時半

「さそり座満月の手放しワークショップ」

心のガラクタを捨てて、流れに乗ろう!

紙に書いたあと、イメージワークで潜在意識から手放していきます。

性教育とセット 500えん

単発のご参加 1000えん+ワンオーダー制

ご参加お待ちしてまーす^_^

詳細・お申し込みはコチラ

 - アマナ性共育,