*

ATT2期への道のり①

   

「大阪、行ってくれば!」

 
ついに!!

ATT2期に行っていいと、旦那が言ってくれたーー!!

 

 

うれしすぎて、朝っぱらからバンザイ&ジャンプしていた38歳4児の母(精神年齢不詳)であります(笑)

 

 

 

 

ATT(アマナティーチャーズトレーニング)とは・・
性共育講座やアマナレッスンの講師育成プログラムとプロコミュニケーションモデルというNLP×禅×コーチングが学べる1年のコースです。

日本アマナ性共育協会
http://jaei.jp/

 

 

 

 

本当は、2期は見送る予定でした。
この半年の性愛の学びをアウトプットして、さらに落とし込んでいく!!
そして、学校関係の役員やらを一気に終わらせる!
そんな1年にしよう!
 

・・そう決めた矢先のこと。

 

めっちゃ現実的な問題で、「今」なんだということを突きつけられた。
さて?どうする?

 

 

ゴリ押し気味に進めるのではなく、時期をみよう。
チャンスが来たら飛び込んだ方がいいのはわかってるけど、今置かれている状況(4人の子ども達→受験生の長女、パワフルな2歳児・・)を考えると厳しい。
あえて「今」じゃなくてもいいんじゃないか。
「今」行かない理由をあれこれ考えて、言い訳を作っていた。

 

 

でも「今」と「今じゃない、いつか」では、出ていく額がかなーり違う。
その現実を突きつけられたら「今じゃない、いつか」は来ないのかも?と思った。
 

 

やっぱり「今」なんだ!!

 

 

 

すぐに旦那に相談。
「ダメ!話が違う!絶対無理!」
「自分勝手すぎる!」
 

話を聞きたくもないという感じで、逃げられる。

 

その後、何かのきっかけで、家族みんながいる所でその話題になり、いつの間にか家族会議に。
「ママ行かないでー!」と永遠の別れのように泣き叫ぶ長男。

長男の泣き声は、私の心に深く突き刺さる。
今私を必要としてくれている子どものそばにいてあげること。
母親として、それが出来ないってどうなの?
子どもの気持ちより、自分の気持ちを優先するの?

そんな気持ちがぶわーっと溢れてきて、一緒に泣いた。

 

 

 

追い討ちをかけるように、
「こんなにさみしい想いまでさせても、行きたいわけ?」
「あのさー4人の子どものお母さんなんだから、自分のことより子どものこと優先してくれる?」
「そんな勝手なこと許されると思ってんの?」」
と、旦那。

そこへ天使の声が・・
「ママを自由にさせてあげなよー!檻に閉じ込められたら、パパだってイヤでしょ?」
次女はいつだって私の味方をしてくれる。
つづく・・・

 - アマナ性共育