*

官能的に「にほんごであそぼ!」

   

なーんと、出版決まりました!!

 

 

 

 

フランス書院(笑)

 

 

 

 

 

今日は、、

えいぷりるふーる!でしたー

 

 

ガチで応募しようと思ったことあるんだわ。

女による女のためのR18文学賞とか、、

 

 

でも昔ね、ネット状に実体験と妄想が混じった官能日記書いてたら、ネカマ疑われたことがありましてΣ(゚д゚lll)

 

 

描写が過激?リアル過ぎたんかなー

やっぱり巧みな表現力と美しい比喩力が必要なんでしょうか、、


官能小説用語表現辞典

これでも読んで勉強しよう!

 

 

三段重ねの色違いの餅・・

偽アタゴヤマ・・

A子は、口の中でいけない張本人を監禁し、舌で拷問にかけた・・

 

 

 

この本の著者は、

官能小説は、性欲をかきたてるためのものではなく、もっと感性の深くにある淫心を燃えたたせるものです。
と締めくくっています。

 

 

言葉遊びは実にたのしい!

日本語って豊かだー。

日本人でよかったなぁ!!

 

コレもおもしろかった↓

フランス文化用語辞典

 

 -