*

「虐待は絶対ダメだ!」が虐待を産んでいる。

   

乳幼児健診で「お子さんは可愛いですか?」と聞かれて、

正直に「可愛くないです」と答えるお母さんって、いるのかしら?

 

 

この前そんな話題になったら、ほとんどのお母さんが面倒くさいことになるからって適当に答えるって話してた。
「うちの子めっちゃ可愛いです!旦那さんも協力的です!」ってね。

 

うん、私も例え悩んでいる状態だったとしても、相談するとしたら身近な友達だな。
わざわざ健診では話さない。

 

 

まして、それが深刻な状態だったら?
そんな自分をひた隠すだろう。
だって、鬱って自己肯定感がすごーく低い状態。

そんな状態で「子どもを可愛いと思えない自分もOK!そんな自分もきっと受け止めてもらえる!」と思えますか?
そう思えなかったら、素直に「子どもが可愛くない」とは言えないはず。

 

はい、私も産後うつの渦中にいた時、誰にも相談できなかったんです。

 

「我が子が可愛く思えない私は絶対おかしい」
「産むべきではなかったのに、産んでしまった」

 

とにかくとことん自分を責めまくって、どん底に突き落としていた。

誰かに本音を話して受け止めてくれたなら、どんなに救われただろう。

 

そんな時、
産後うつで悩んでいる人のブログ、そこから復活したという人のブログを読むと、私だけじゃないんだ・・と少し安心できた。

そう、過去の苦い思い出は誰かの何かに役に立つ!

 

黒歴史は使える!!

 

 

子どもって、
可愛いし、憎たらしい。

子育てって、
楽しいし、苦しいし、面白いし、面倒くさい。

 

これが、
「いいお母さん」でいなくちゃ!
「いいお母さん」でいるべき!
に縛られていたり、自分だけでがんばる孤育てになっていると、ネガティブポイントが上がる。

 

だから、
「いいお母さん」してない自分もOK!
「お母さん」の名札、ずっとつけっぱなしにしない!
周りに頼ってみんなで子育てしていれば、ポジティブポイントが上がる。

 

虐待してしまうお母さんの気持ちを思うと、切ない。

愛したかった・・けど

たまたま手段が「虐待」になってしまった。

 

 

一生懸命愛そうとした・・

そこを認めよう。

それ自体が愛だから。

 

『虐待は絶対ダメだ!』が虐待を産んでいる。

 

 

明日10時半から、愛され淑女の性なるお茶会!
お昼付きのカンパ制です。
参加お待ちしてまーす♪

 

 

3/23は、アマナ性共育お話会へ♪
友達親子と行ってきまーす!

 - PCM, つれづれ