*

続「カミングアウトする」ということ

   

なぜカミングアウトするのだろうか?

 

恋愛の話になると、適当に話を合わせたりしている自分に嫌気がさしてくる。

何も悪いことをしていないのに、隠してごまかして嘘をついてしまったりしている自分が嫌いになる。

自己否定。

もっと堂々としていたい!

どんな自分でも受け止めてほしい!

 

 

自分の性を認めてもらえるだけで、どんなに気持ちが楽になることか。

 

 

LGBTの恋愛なんて、よくわからなくたっていい。

ただ聞いてもらえるだけでいい。

それだけで自己肯定感が上がるのだ。

 

 

そして、カミングアウトするということは、あなたのことを大切な存在だと思っているということ。

 

 

どうでもいい人には面倒だから、いちいち話さないよね。

いかにも理解がなさそうな人にも、わざわざ話そうとは思わない。

 

 

そうそう、STTの打ち上げでゲイの恋愛観について話題になったんだ。

 

違う視点での恋愛観は、おもしろいし勉強になります。

 

偏見のまなざしではなくて、素直に興味を持ったら楽しいと思うよ。

 

 

私自身は改まってカミングアウトしたことって、実はあまりありません。

 

というのも、話の流れで気が付いたらカミングアウトしてました・・ということが多い。

 

でね、そうなるとそれを聞いた相手も「へぇ、そうなんだー」で話が流れる場合と関心があって食いついてくる場合があって・・

 

話が流れた時は、後から「あれって、カミングアウトだった?」って思い返す人もいるのかな。

 

「私、こういう人が好きなんだー」って好みのタイプを話してるような感覚で、さらりと自然に伝えると、ぎょっ!!という反応はあまりないような気がする。

 

あくまでも当社比です。

私の経験上の話だけどね。

 

 

あっけらかんと爽やかに!さらっとカミングアウト。

 

 

 

ですがね、

うちの旦那は、一見差別的な発言を平気でします。

 

夫「男でも女でも、誰でもいいってことでしょー?性欲どんだけあるの?」

って、性欲のかたまりみたいに言われたりしますよ。

 

はい、性欲旺盛ですよ。

で、だから何?

 

性欲が強い=誰とでもやる

はぁ??

あーーホントにくだらない思い込み!!

 

 

私「じゃあ、あんた女なら誰とでもできるわけ?」

夫「いや、無理だけど・・」

私「アホ!!それと一緒じゃボケ!」

 

 

また、ある時は・・

私「私って、人生2倍おいしいよねー!」

夫「ある意味うらやましいよ・・なんでそんなに楽観的でいられるのか・・」

私「そう?じゃあ、男も試してみたら?」

夫「それだけは・・・むりーー!」

 

 

私は変態と言われようが、差別されようが基本気にしません。

そんな自分を楽しんでいるし、そんな自分が好きだから。

 

 

中学高校時代

「へーんたーーい!!頭大丈夫?」

って友達に言われてたけど、全く気にしなかったら

「ある意味尊敬するわ・・」

と言われたことがある。

 

 

尊敬だか、呆れられてるんだか?

まぁそんなことはどうでもいいのだ。

 

開き直りって、最強!

 

 

カミングアウトをしたいという意図。

誰かにありのままを認めてもらいたいという意図の先には、そんな自分を自分がまるごと受け入れたいという意図があるということ。

 

いちいち相手の反応を気にしてたら、疲れます。

反応は、その人の地図だから。

 

たまたまその人が嫌悪感を示したからって、世界中の人から差別を受けたわけじゃない。

受け止めてくれる人たちは、必ず他にたくさんいる!!

 

 

そして、

LGBTの人が差別的発言も笑い飛ばせるくらい元気になる!!

マイノリティである自分をめちゃくちゃたのしんでたら、差別なんてそもそも感じなくなるよね。

 

 

カミングアウトされる側とする側、共に歩み寄っていこう!

 

 

☆イベント情報☆

3/16 ほっこりベジランチ会

3/19 森林公園ハッピースプリングパーク出店

3/22 愛され淑女の性なるお茶会

3/26 ひな市 (ときがわ町ひと市)出店

3/28 新月のお願いごと&目標達成のためのワークショップ

4/3 つむぎ市 出店 坂戸総合運動公園

4/16 アートキガワ出店

4/29 かぐや芽吹き展マーケット出店

詳細はコチラ

 - LGBT, , , , ,