*

どっちにする?悲劇のヒロインor喜劇のヒロイン

   

自作自演するとしたら、

 

悲劇のヒロイン

喜劇のヒロイン

 

どちらを選びますか?

 

誰が好き好んで不幸な人生選ぶか!

悲劇なんて選んだつもりないし、選ぶメリットもない!

と思うでしょ?

 

選ぶメリットがあるから、選んでいるのです。

 

性愛セラピスト養成講座の先生りえさんのブログ↓
「悲劇のヒロイン劇場@脳内シアター」の功罪

 

素直に喜劇のヒロインを選べばいいのに、なぜ選べないのか?

 

そこには、潜在意識に刷り込まれた思い込みがあります。

 

悲劇のヒロインにならなければ愛されない、

という思い込み。

 

 

Aさんの場合

 

専業主婦なら家事はやって当たり前。

家事をやらないのなら、仕事くらいはやらねば

という思い込みがあった。

 

でも本当に辛くなって、心身共にボロボロになり、何も出来ない状態に。

 

ハイ、悲劇のヒロイン劇場、強制終了!

 

旦那さんが仕事も家事もやってくれるようになり、料理も楽しそうに作っている。

 

Aさんは旦那さんにひたすら感謝しかなく、「ありがとう!」と心から言えている。

 

でも

こんな状態で、世の中にだいぶ遅れを取っているという劣等感。

私ってココにいる意味あるの?と何も出来ない自分に罪悪感を感じている。

 

まず、遅れを取っているどころか、一歩?いや10歩先行くパートナーシップを築けています!

旦那さんの尽くしたい欲求が満たされて、Aさんは心から感謝している。

「おいしいよ〜♡」って言うと、本当に嬉しそうにしているって。

とても良い循環じゃないの〜!

 

前は冷たかった旦那さんが、Aさんのおかげでイカす男に成長出来た!

罪悪感どころか、優越感にひたってよ。

旦那さんに対して上から目線で育ててやった!というんじゃなく、自分の中での優越感ね。

 

悲劇のヒロイン劇場の強制終了は、キツかっただろうけど、そうでもしなかったら甘えることなんて出来なかったんだよね。

今の良い夫婦関係に必要だった。

それは学びとして、今後は強制終了する前にSOSを出そう!

素直に甘えても愛される自分、もう見つけたもんね。

やりたいことを見つけて情熱を注ぎたいのなら、やりたくないことをもっと手放して、こんな自分もあんな自分もイケる!って◯を増やしていこう。

自己肯定感アゲアゲでいこうね♡

 

こんなセッションやってます!

モニターさん募集中です^_^

 

~イベント・出店情報~

2/7 自然なお手当て会

2/12 ハライチ(飯能)出店

2/13 親との関係を見直すグループセッション ☆残席3☆

2/16 お米のしゅわしゅわドリンクをつくろうWS ☆残席3☆

2/20 お金と仲良くなるワークショップ

2/22 愛され淑女の性なるお茶会 ☆残席4☆

2/23 親との関係を見直すグループセッション ☆満席☆

2/25 古民家の縁側でほっこりする「畑一温泉」出店

2/27 ベジランチと昼呑み会

詳細はこちら

 

 - event, PCM