*

学校ってなんのために行くの?

   

小1の長男が「学校行きたくない!」と言って、時々お休みしています。

 

「なんで学校って出来たの?」
「なんで子どもは学校に行かなくちゃいけないの?」

 

なんでだろうね・・と一緒に考えてみました。

 

読んだり書いたり、出来たほうが、大人になってからいろんな仕事ができる。選択肢が広がる。

でも大人になってからだって、勉強は出来るじゃん。

そうだけど、子どものほうが頭がやわらかいから、覚えるのも早いし・・
と言いながらも・・

でも「本当はやりたくないのに、やらなきゃ!」という義務感でやっても頭に入らないんだよなぁ。。と心の中でつぶやく。

 

計算できなくたって、電卓があれば大丈夫じゃん
と次女。

 

数学なんて、日常生活で使わないことまでやる意味ないじゃんねー
と中2女子。

 

「脳って使わない部分はどんどん衰えるから、まんべんなく使った方がいいんだって。
脳トレだと思ってやるといいよ。」

 

ふーん。。

 

「行きたくない」理由で休んだことで、
先生からは、「どんどん行きづらくなってしまうので、ちょっと無理してでも連れてきてほしい」と言われました。

先生が心配して下さっているという気持ちは、ちゃんと伝わってきます。

 

次女は弟の様子を何人かの先生に聞かれ、来るように促してと言われ、「あんたのせいで色々言われてヤダから、明日は学校行ってね!」
とプレッシャーをかけられた源は号泣・・。

 

泣いている弟を見て、中2女子が爆発!

 

「先生もちょっと休んだだけでいちいちうるさいよね!ほっといてくれればいいのにさ。ホントに子どものこと考えてるのかよ!義務教育とか言って、無理矢理来させるなんてどうかしてる。頭おかしいよ!!」

「学校がたのしくなるように工夫するとか考えないのかね?授業がつまんないから聞いてるのも嫌になるんだよ。だから勉強も嫌いになるんだよ!」

 

昔は教科書ほとんど使わないで授業する・・というか先生が子どもだった頃の面白い話ばっかりしてくれる。
みんなが大好きだった先生とかいたけど。。

今は面白い先生いないの?

 

「いたいたいたよ!〇先生は面白かった!」

ダジャレ好きの先生の授業は面白くて子どもをひきつけていて、授業参観に行っても楽しかったな。

 

不登校について
私は、無理して学校行く必要はないと思っています。
だけど、私の予定もあるので、そこを潰してまで子どもに付き合う気はありません。
だからといって、私の予定のために無理して学校に行ってもらうつもりもありません。
他の策を考えます。

 

旦那は、子どもは学校に行くのが仕事だと思う。
そこで人間関係などを学ぶことは、大人になるために必要という意見。

だけど、無理強いは出来ないから、なるべく行くように仕向けてほしい、、と言われました。

 

今までしまっていた「行きたくない」気持ちを出せたことはいい事だと思う。

結局は、もっとオレを見て!かまって!なのかなとも思う。

高次の意図を探っていこう。

 

写真は、記憶力アップのアルファベットゲーム。
体を動かすことと、脳の活性化は連動している。
「考える人」のポーズは、実は全然ひらめかないポーズなのだ。

 

ブレインジムにも似てるな・・

教育キネシオロジーとブレインジム

 

 

☆夢を叶えるためのセッション☆

期間限定モニター価格で募集開始しました!

詳細はこちら

2/13 グループセッション☆親との関係を見直す
☆残席3☆

2/20 お金と仲良くなるワークショップ♬

イベント詳細はこちら

 - つれづれ