*

自然食志向やアレルギーについて思うこと

      2016/11/07

アレルギーのあるお子さんのバースデーケーキのオーダーを頂きました。
乳卵などの動物性全般、小麦粉、ナッツ類を使わずに作ります。

米粉のお菓子は普段のおやつでもよく作っていて、試作をアレっ子母ちゃんに食べてもらったりしています。
その子のお父ちゃんとは面識ないけど、私は「米粉の友達」として認識されているらしい。

米粉は小麦粉と扱い方が全く違って、性質上固くなりやすいけど、うまく作れると本当に美味しい!
やっぱり日本人は米だよね〜!とつぶやきたくなります。

こちらのメニューから選んでもらいました↓

①米粉のスポンジケーキ
★プレーン
★キャロブ

②米粉のタルト

③人参ケーキ(スポンジよりどっしり系)

フィリング&トッピング
①さつま芋クリーム
②豆乳カスタード
③豆乳キャロブクリーム
④豆乳ヨーグルトクリーム
⑤バニラクリーム(ココナッツオイルベース)
⑥キャロブクリーム(ココナッツオイルベース)
⑦かぼちゃカスタード

のせるフルーツなど
①りんご
②バナナ
③パイナップル(オーガニックの缶詰)
④さつま芋

アレルギーがあっても、こんなに選択肢がある!

そしてオーダー頂いたのは、
◎ベース…米粉スポンジケーキのプレーン
◎フィリング…豆乳カスタード
◎フルーツ…りんご・バナナ

一番の気掛かりは、食べるまでの時間経過でケーキが固くならないか?
試作をしたところ、半日〜丸一日経過ok。
さらに、米粉ケーキではNGと言われている冷蔵庫保存。
デコレーション後にクリームが心配で、ひと切れ冷蔵庫に入れてみたら、、
5時間後でもしっとりやわらか!
すばらしい!

試作分も試食してもらい、喜んでくれました。

そして、お誕生日当日。
スポンジもうまく焼き上がり、残すはデコレーション。
やはり一般的な生クリームとは違い、豆乳クリームはホイップが難しい。
まぁでも、なんとか納得のいく仕上がりになりました。

お渡しの時
子「かあちゃん、コレぜんぶ食べられるの?」
母「そうだよー!」
子「やったー!!」
親子共々ホントにめっちゃ喜んでくれて、キラキラの笑顔で、感無量でした。

アレルギー持ちってマイナスイメージになりがちだけど、厳選素材しか食べないセレブリッチなイメージでどうでしょう?

私は自分と長女のアレルギーに感謝しています。
それは、今まで知らなかった大切なことに気付けたから。
料理の幅が広がって、作ることがとても楽しくなったから。

でも以前の私は、
ナイナイ眼鏡をかけて、
あれもダメ、これもダメ
あー食べられるものがない!
そして、コレしか食べられるものがないから、仕方なく食べる。

いくら体にいいと言われているものでも、思考がこれだと健康になれないと気付き、やめました。

食べ物を選べない時に食べるか食べないかは、その時の体調で決める。
頂くからには、ありがたく頂く。

作った人の顔が見えて、丁寧に作られたものは、やっぱり美味しい。
だから、私はそれを選ぶ。
実にシンプル。

 - blog,